モーリシャス共和国の国旗

モーリシャス共和国
モーリシャスの国旗モーリシャスの場所
正式名称Republic of Mauritius
国旗縦横比2:3
国旗年齢1968年3月12日
アフリカ
首都ポートルイス
公用語英語
流通通貨モーリシャス・ルピー
面積0.2万km2(東京都とほぼ同じ)
人口127万人

モーリシャス国旗の意味

  • 赤:奴隷や植民地時代に流された血
  • 青:インド洋
  • 黄色:独立で勝ち取った自由と太陽
  • 緑:国の主産業であるサトウキビ栽培

をそれぞれ意味しています。

またこの4色は主要住民であるインド系・アフリカ系黒人・ヨーロッパ系白人・中国系をを表しているとも言われます。

モーリシャス国旗の由来・歴史

1815年にイギリス領となり、インド人を入植させサトウキビのプランテーションが開かれた地域。

第二次世界大戦後の1968年にイギリス連邦内の王国として独立を果たしました。

モーリシャスの国旗

1968~現在

独立同年に上記国旗は制定され、現在まで使われ続けています。

モーリシャス国旗に似てる旗

モーリシャスの国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました