ガイアナ共和国の国旗

ガイアナ共和国
ガイアナの国旗ガイアナの場所
正式名称Republic of Guyana
国旗縦横比3:5
現国旗制定年1966年5月26日
南アメリカ
首都ジョージタウン
公用語英語
流通通貨ガイアナ・ドル
面積21.5万km2(本州よりやや狭い)
人口78万人

ガイアナ国旗の意味

  • 緑:農業と森林
  • 白:河川と水
  • 金色:豊かな鉱物資源
  • 黒:忍耐
  • 赤:国家建設の情熱と活力

をそれぞれ表しています。

ガイアナ国旗はゴールデン・アロー旗とも呼ばれる。アメリカの旗章学者ホイットニー・スミス博士が考えた

ガイアナ国旗の由来・歴史

15世紀末にスペイン人が到達するも入植に失敗した地域。

16世紀末になるとイギリス人、オランダ人が活動し始めます。

1621年にオランダ西インド会社の支配下に入り、それから2世紀ほど後の1814年からはイギリス領となりました。

1834年にイギリスにおける奴隷貿易が禁止されると、インド系の労働者が変わりにこの地で働くように。

ガイアナの国旗

1966~現在

1966年になるとイギリス連邦の一員として独立を果たしました。同年ガイアナは上記国旗を制定し、現在に至るまで使い続けています。

ガイアナ国旗に似てる旗

ガイアナ国旗と似た旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

南アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました