ベラルーシ共和国の国旗

ベラルーシ共和国
ベラルーシ共和国の国旗ベラルーシの場所
正式名称Republlic of Belarus
国旗縦横比1:2
現国旗制定年2012年2月10日
ヨーロッパ
首都ミンスク
公用語ベラルーシ語・ロシア語
流通通貨ベラルーシ・ルーブル
面積20.8万km2(日本の55%ほど)
人口947万人

ベラルーシ国旗の意味

  • 赤:過去の戦い
  • 緑:希望と森林

左側に描かれているのはベラルーシの民族衣装に使われている伝統模様で、かわいいと評判だったり。

赤色は『15世紀にドイツ騎士団との間で戦われたグルンヴァリとの戦いでベラルーシ軍が使用した赤』に基づいていたり『第2次世界大戦中にナチス・ドイツ軍と戦ったベラルーシ赤軍の赤』に基づいていたりします。

ベラルーシ国旗の由来・歴史

14世紀リトアニア大公国の支配下に入り、16世紀にはポーランド・リトアニア連合国の支配下に入りましたが、18世紀末にポーランド分割によりロシア領となります。

ベラルーシ・ソビエト社会主義共和国の国旗

1919~1927

ロシア革命ごとの1919年に『ベラルーシ・ソビエト社会主義共和国』が成立しました。

上記はその当時使われていた国旗です。

1922年にはソ連邦に参加しています。

ベラルーシ共和国の国旗

2012~

1991年にソ連が崩壊したため独立、1995年に『ベラルーシ共和国』が誕生しました。

上記は2012年より使われているもので、1995~2012の間使われていた国旗とは左側の伝統模様が若干異なります。

ベラルーシ国旗に似てる旗

特にありません。

強いて言うならブルガリアの国旗は使っている色が同じなため、印象は近いかも。

ブルガリア共和国の国旗

ブルガリア

とはいえベラルーシの国旗は左側に描かれた伝統模様が特徴的であるため、使っている色が同じとはいえ見間違いにくい国旗ではあるかと。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました