リヒテンシュタイン公国の国旗

リヒテンシュタイン公国
リヒテンシュタイン公国の国旗リヒテンシュタインの場所
正式名称Principality of Liechtenstein
国旗縦横比3:5
現国旗制定年1982年6月30日
ヨーロッパ
首都ファドーツ
公用語ドイツ語
流通通貨スイス・フラン
面積160km2(宮古島ほど)
人口4万人

リヒテンシュタイン国旗の意味

  • 青:空
  • 赤:炉の火
  • 冠:公国

をそれぞれ表しています。

リヒテンシュタイン国旗の由来・歴史

リヒテンシュタイン公国1719年頃

1719~1806

1719年にリヒテンシュタイン家が神聖ローマ帝国より自治権を与えられ『リヒテンシュタイン公国』が誕生します。

当時使われていた国旗は黄色と赤の横二色旗でした。

1921年頃のリヒテンシュタイン公国の国旗

1921~1937

1921年にリヒテンシュタイン公国の国旗は上記のように変更されました。

しかしその結果1936年のベルリン・オリンピックにて「ハイチ共和国の国旗と区別できない」という混乱を招く結果となります。

1937年頃のリヒテンシュタイン公国の国旗

1937~1982

1936年においたハイチ共和国の国旗との区別問題を解決するため、1937年上記国旗に変更されました。

リヒテンシュタイン公国の国旗

1982~現在

1982年には冠の形が変更され、このようなデザインになりました。

個人的に今の冠のほうが書き込まれていて好みです。

リヒテンシュタイン国旗に似てる旗

リヒテンシュタイン国旗の由来でも解説しましたが、ハイチの国旗は比較的似ています。

ハイチ共和国の国旗

ハイチ

ハイチは中央アメリカに位置する国で、リヒテンシュタインと同じく青と赤の横二色旗です。

1936年当時使われていた国旗は中央に国章のないデザインだったため、リヒテンシュタインの旗と全く同じでした。そのためベルリン・オリンピックにて区別がつかないと混乱が起きたわけです。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました