オランダ王国の国旗

オランダ王国
オランダ王国の国旗オランダの場所
正式名称Kingdom of the Netherlands
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1937年2月19日
ヨーロッパ
首都アムステルダム
公用語オランダ語
流通通貨ユーロ
面積4.2万km2(九州より少し小さい)
人口1709万人

オランダ国旗の意味

  • 赤色:国民の勇気
  • 白:信仰心
  • 青:忠誠心

横三色国旗(いわゆるトリコロール)で、1630年に一度制定され使われていた国旗が1945年に復活しました。

オランダ国旗の由来・歴史

プリンスの旗

プリンスの旗

オランダ王国の国旗は上記、オレンジ・白・青で構成されたプリンスの旗が基になっているとされています。

このプリンスの旗は八十年戦争(1568~1648)において使われましたが、1630年以降はオレンジが海上では識別しにくい色であることを理由に赤色に変更されました。

その結果現在の赤白青のオランダ王国の国旗の原型が誕生したとされています。

オランダ国旗に似てる旗

フランス共和国の国旗

フランス

フランスの国旗はオランダ王国の配色が縦になったデザインで比較的似ています。フランス国旗の存在があるためか、オランダの国旗を縦に掲揚することは原則禁止だとか。

クロアチア共和国の国旗

クロアチア

クロアチアの国旗は配色だけを見ると比較的似ています。

ただし中央に大きく国章が配置されているため、見間違えることはまずないでしょう。

ロシア連邦の国旗

ロシア

ロシアの国旗は色の配置こそ違いますが、使っている色や横三色のトリコロール型国旗である点は似ています。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました