ジョージアの国旗

ジョージア
ジョージアの国旗ジョージアの場所
正式名称Georgia
国旗縦横比2:3
現国旗制定年2004年1月24,25日
アジア
首都トビリシ
公用語ジョージア語
流通通貨ラリ
面積7.0万km2(東北地方程度)
人口391万人

ジョージア国旗の意味

十字軍に由来するエルサレム十字が描かれている国旗です。

この白地に5つの十字架を描くデザインは、中世のバグラティオニ朝グルジア王国でも使われていました。

※エルサレム十字はイェルサレム十字とも呼ばれる。

十字軍:西ヨーロッパに存在したカトリック教会が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪い返すために派遣した軍のこと。

ジョージア国旗の由来・歴史

4世紀以降キリスト教が国境とされていた地域。そのためエルサレム十字が描かれた国旗が使用されています。

18世紀にロシア帝国に併合されますが、ロシア革命後の1918年に独立を宣言し、アルメニア・アゼルバイジャンとともに『ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国』としてソ連に加盟しました。

ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国の国旗

ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国の国旗

1991年にソ連が崩壊すると『ジョージア』として独立し、2004年に現在の国旗が制定されます。

ジョージアの国旗

2004~現在

なお現在使われている上記国旗は12~14世紀にかけてジョージア王国で使われていた国旗を原型としたものです。

ジョージア国旗に似てる旗

白地に赤い十字を5つ描いたジョージアの国旗は特徴的であるため、特に似ている国旗はありません。

自分の目で確かめてみたいという方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかもしれません。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました