ブルネイ・ダルサラーム国の国旗

ブルネイ・ダルサラーム国
ブルネイ・ダルサラーム国の国旗ブルネイの場所
正式名称Brunei Darussalam
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1959年9月29日
アジア
首都バンダルスリブガワン
公用語マレー語
流通通貨ブルネイ・ドル
面積5770km2(三重県ほど)
人口43万人

ブルネイ国旗の意味

  • 黄色:国王
  • 白:総理大臣
  • 黒:その他の大臣

国旗に使われている色はそれぞれ上記の意味が込められています。

ブルネイ国旗に描かれた国章の意味

国旗中央に描かれた国章はパーツごとに分解すると下記のよう説明できます。

  • 国家を表す赤い燕尾旗
  • 国王の日傘
  • 正義、平穏、繁栄、平和を表す片翼4枚からなる翼
  • 不動の政府を表す中央の柱
  • シャウイ文字マレー語で「つねに神の導きにしたがえ」と記された、イスラムを表す上向きの三日月
  • ブルネイ・ダルエスサラーム(平和の国ブルネイ)」とアラビア語で書かれた下部にあるリボン
  • 「政府への忠誠と国民の福祉・繁栄を実現する国の義務」を表す左右2つの手
国章に多くの意味を込めている国家はそれなりにありますが、ブルネイは特にその傾向が顕著です。

ブルネイ国旗の由来・歴史

1888年にイギリスと保護協定を結び、1906年正式にイギリス保護領に。

第二次世界大戦に入ると、他の東南アジア同様に日本の占領下に入りますが、大戦後はふたたびイギリスの保護領となります。

ブルネイの国旗

1959~現在

その後1959年になると自治領となり、上記国旗を制定しました。この国旗は現在まで使われています。

1962年に起きた反乱時に非常事態宣言が発布され、驚くべきことに現在に至るまで継続中です。

1967年になると独立をめぐる交渉をイギリスと行い、1984年にようやく「ブルネイ・ダルサラーム国」としての完全独立を果たしました。

ブルネイ国旗に似てる旗

ブルネイの国旗は配色とレイアウト(斜めの縞模様)が特徴的であるため、似ている国旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました