台湾(中華民国)の国旗

台湾(中華民国)
中華民国の国旗台湾の場所
正式名称Republic of China
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1912年から使用
アジア
首都台北(タイペイ)
公用語中国語(マンダリン)・台湾語
流通通貨ニュー台湾ドル
面積3.6万km2(九州より小さい)
人口2370万人

台湾国旗の意味

  • 青:民権主義と自由
  • 白:民主主義と平等
  • 赤:民族主義と革命に身を捧げた人の血

左上の太陽が放つ12の光は十二支を表現しており、同時に絶え間ない進歩という意味が込められています。

台湾の国旗は「青天白日満地紅旗(せいてんはくじつまんじこうき)」と呼ばれている。

台湾国旗の由来・歴史

1949年以降、台湾島とその周辺を実効支配している民主共和制国家が「台湾」です。

1912年に「中華民国(台湾)」が建国され、1928年には国民政府が成立しましたが、1949年に中国共産党との戦いに敗れた結果、中国国民党が台湾首都台北に臨時首都を移転しました。

中華民国の国旗

1912~現在

1945年に上記国旗は制定され、現在に至るまで使用されています。

現在、多くの国が独立国家として認知していますが、未だ国連加盟国とはなっていません。

台湾国旗に似てる旗

中華人民共和国の国旗

中国

中国の国旗は比較的近いと言えるかも知れません。

ただし台湾国旗に使われている青色がないため、違いは明確ではあります。

チリ共和国の国旗

チリ

チリ国旗もなかなか似てます。

こちらはベースカラーの赤が小さくなっているため、注意してみれば見分けるのは容易いかと。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました