カタール国の国旗

カタール国
カタール国の国旗カタールの場所
正式名称State of Qatar
国旗縦横比11:28
現国旗制定年1971年7月9日
アジア
首都ドーハ
公用語アラビア語
流通通貨カタール・リヤル
面積1.2万km2(秋田県ほど)
人口264万人

カタール国旗の意味

  • 白:国際的な平和
  • えび茶色:カタールが過去に戦争で流してきた血の色

ジグザグ模様は9つの頂点があり、それは『カタールが1916年の”カタール・英国条約”によりペルシャ湾がんでイギリスの保護に入った9つ目の首長国』であることを示しています。

カタール国旗の比率は縦横11:28で世界で最も横に長い

カタール国旗の由来・歴史

3世紀ごろにササン朝の支配に入った地域がカタールの前身だと言われています。

18世紀に入るとアラビア半島北部やクウェートからアラブ系の諸民族が移住し、19世紀後半にはオスマン帝国の支配地域となりました。

1916年になると第一次世界大戦の結果、カタールはイギリスの保護領となりました。その後ペルシア湾がんからイギリスが撤退するまで支配が続きます。

カタール国の国旗

1971~現在

1971年にカタールは独立し上記国旗が制定されました。

1995年に無血クーデターで政権交代がなされましたが、国旗は変更されていません。

カタール国旗に似てる旗

カタールの国旗は近隣国家であるバーレーンの国旗と非常によく似ています。

バーレーン王国の国旗

バーレーン

一見色違いなだけに見えますがジグザグの頂点の数が違ったり、国旗の縦横比率が違ったりはしたり。

実はもともとカタールの国旗も同じく赤と白のデザインでしたが、日差しの影響で赤がえび茶色に変色したと言われており「バーレーンと区別できるし丁度いいか」とそのまま正式採用されたとも言われています。

結構デザインの決め方適当じゃない…?(編集者談)

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました