中華人民共和国の国旗

中華人民共和国
中華人民共和国の国旗中国の場所
正式名称People’s Republic of China
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1949年9月27日
アジア
首都北京(ペキン)
公用語中国語
流通通貨人民元
面積960.0万km2(日本の25倍)
人口14億952万人

中国国旗の意味

  • 赤:革命
  • 黄色:光明

左上大きな星は「中国共産党の指導力」、4つの小さな星は「労働者・農民・知識階級・愛国的資本家」の4要素を表しています。

また小さな星の頂点がそれぞれ大きな星に向かっているのは「共産党の指導のもとで革命的人民の団結」を表しているため。

赤地に5つの星を配置した中国国旗は「五星紅旗」とも呼ばれる。

中国国旗の由来・歴史

1911年に辛亥革命が起こり、その翌年「中華民国」が成立。

中華民国の国旗

1928~

1928年、中華民国として使われていた国旗は現在台湾で掲げられている国旗と同じものです。(上記国旗画像参照)

その後毛沢東による「中華ソビエト共和国」、満州事変によって生まれた「満州国」、などを経て1949年に「中華人民共和国」が成立しました。

中華人民共和国の国旗

1949~現在

1949年独立時に制定された上記国旗が、現在に至るまで使われています。

中国国旗に似てる旗

中華民国の国旗

台湾

現在台湾で使われている国旗は、過去中国領域で使われていたことあり、割と似ている国旗であります。

ただし現在の中国国旗と違い、青色が使われているため見間違いすることはまずないことでしょう。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました